メイクレッスンを受けようかと迷われている方にとって、レッスンを受けたら、いまの自分のメイクとどれくらい違いがでるのか、気になるかもしれません。

 

「プロのメイクの効果は、自己流メイクを大きく上回る」という研究データ(*1)があって、面白い結果がでています。

 

これは英国のスウォンジ大学とヨーク大学の心理学研究で発表された論文で、メイクアップの効果を測定したもの。

 

メイクのビフォー&アフターで魅力度がどう変化したか、プロがメイクした場合と、自分でメイクした場合で差はあるのか、などを比較しました。

 

その調査結果が示したのは、次のようなポイントでした。

・メイクは魅力度を増す。ほぼ全員、すっぴんより魅力的に映る(当たり前の結果かもしれませんね……)

・プロのメイクは自己流メイクより圧倒的に魅力度を増した

プロのメイクは魅力度変化の33%を創出したのに対し、自己流メイクはわずか2%

・プロのメイクの魅力度アップ効果は、(笑顔などの)顔の表情よりも大きな効果を生む可能性がある


chart1

 













具体的には、参加者の変化は引用の上の図(*2)のとおり。

縦軸1~7が魅力度を、●が「メイク前」で■が「メイク後」を表わしています。

横軸の1~33は被験者番号です。

 

さらにすごいこともわかります。

それは、メイクアップの魅力度向上の度合いとメイク前の魅力度が反比例する、

つまり、「いわゆる普通の人たちのほうが、伸びしろが大きい」のです。

 

まさにこれが当サロンでいうところの「潜在美が最高に発揮された」状態といえます

 

(この実験は、被験者は全員白人女性で、施すメイクはすべて全員に対して同じものでした。

1人ひとりに合ったメイク方法をした場合は、さらに魅力度がアップするかもしれません)

 

「私はもともと顔整ってないからメイクしても意味ない……」

「どうせ同じ顔なんだから、プロがメイクしても同じでしょ」

なんて、超!!!もったいない!!!

 

女性は皆、それぞれの魅力を持っているのです。

プロのメイクは、それを引き出す力を持っています。 

 

自分の人生を、潜在美が最高に発揮された顔で、生きていきませんか??

MAKE A CHANGE♡

 
 

【引用文献等】

*1 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5058481/

Facial Cosmetics and Attractiveness: Comparing the Effect Sizes of Professionally-Applied Cosmetics and Identity

Alex L. Jones1,* and Robin S. S. Kramer 2

*2  
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5058481/figure/pone.0164218.g002/
An illustration of the average attractiveness (combining ratings made by men and women) of each model, both without cosmetics and with cosmetics.